意外と節約になるファッションレンタルサービス

>

レンタルのシチュエーションとデメリット

目的に合った選び方

普段着の着回しにお悩みのあなた!とは言いましたが、めったにない機会である冠婚葬祭に着る服も、やはり買うかどうか考えてしまいますよね。
お呼ばれの場で何を着ていいのかわからない、を解決してくれると評判の「おしゃれコンシャス」だと、年齢別でコーディネートを提案してくれるのでより安心してレンタルすることができます。使用する予定の日より前に余裕をもって届けてくださるのも魅力です。また、事前に日程がわかるわけではないのが葬儀などのシチュエーション。「礼服レンタル.com」では、エリアによるものの、当日16時までに注文すれば即日発送も可能だそう。めったにない機会といえばマタニティー×冠婚葬祭。ご紹介した二つのファッションレンタルサービスは、マタニティ服にも対応しています。

メリットとデメリット

ファッションレンタルサービスのメリットとは何でしょう。「買うより安い」「定価だと買えない価格のものを持てる」「お店に行く手間が省ける」などでしょうか。しかし、買うか借りるかを冷静に判断するためにデメリットも考えてみましょう。まず、「借りる」ことが前提なので自分より前に借りている方がおられるかもしれず、新品でないことが多々あります。人気の商品はすぐに借りたくても待たされることがあるかもしれません。だいたいのファッションレンタルサービスは、レンタルしたアイテムを返却、先方が確認後また新たにレンタルできる仕組みなので、しばらく手元にレンタルアイテムがない期間があることもあります。返却時にクリーニングが必要なのかそうでないのかなど、ファッションレンタルの会社によって細かく違いがあるので、それも含めて事前のリサーチは大切です。